結婚指輪はいつから身につけるか

最近では、結婚の形も多種多様になってきて、入籍しても結婚式をしないカップルも増えてきました。
特に結婚指輪として購入せず、ペアリングだけのカップルもいますが、この結婚指輪をつけるタイミングとはどういった時でしょうか。
一般的には結婚式で指輪を交換したときにつけ始めるというのが多いようですが、それ以外は、購入後すぐ、入籍後すぐというだいたい二つのパターンに分かれているようです。
このタイミングとしては、結婚式をしない派に多く見られます。
購入後すぐというのは、せっかく購入したのだから早くしたいという気持ちの表れで、入籍後すぐというのは、入籍をすると苗字が変わりますので、やはり結婚したことを意識するためでしょう。
その他、少数派として、二人にとって何か共通の記念日というのもあります。
たとえば同棲を始めた記念にとかが多いようです。
どういったシチュエーションでも、二人にとって良き思い出の結婚生活のスタートになれば幸いなことです。