結婚指輪に込められた意味と歴史

結婚指輪を結婚の際に交換するようになったのは、9世紀のローマ時代からと言われています。
日本に伝えられたのは江戸時代ですが、広く普及し始めたのは、戦後の高度経済成長期の頃と言われています。
ここでは、結婚指輪に込められた意味と歴史について、ご説明します。
指輪を最初に贈ったのは9世紀で、ニコラウス1世が妻に指輪を贈ったのが最初と言われています。
また、1027年にはミュールのローマの結婚指輪を起源に花婿と花嫁が鉄の指輪を交換しているとも記されています。
挙式で指輪交換が定着したのは、11世紀ごろと言われています。
結婚指輪には、指輪が丸い形状をしている事から、永遠に途切れる事の無い愛情のしるしと言われています。
夫婦の絆や愛が、生涯途切れる事なく続くようにとの願いを込めて、お互いに贈り合うのです。
たとえ離れていても、指輪を身に付けている事でいつも近くに感じられる、指輪が2人の愛を守るという意味もあるようです。